【家電レビュー】超火力!レコルトのホットプレートでお好み焼き

今日は忙しかったので、夕飯は簡単に済ませたいな、と思っていたところ、息子から「お好み焼きが食べたい」というリクエストがありました。お好み焼き、キャベツを大量に切るのが少々面倒ですが、タネができたらテーブルで座ったまま焼けるので、楽ちんですね。

今日はこのホットプレートを使ってみようと思います。
10月に発売されたレコルトのホットプレートです。見た目はコロンとしてかわいいのですが、とにかく高火力なんです。

なぜ高火力なのか、それはプレートに秘密がありました。
裏を見てみると……なんとプレート自体にヒーターが内蔵されています。プレートにダイレクトに熱を伝えるため、従来のホットプレートに比べて予熱時間が短くなり、高火力で加熱できるんですね。

こう見えて、丸洗いもできちゃうんですよ。

さっそく、少し予熱してからお好み焼きのタネを乗せると、ジャーっとすごい音!確かに火力、強そうです。なんでもこのホットプレート、食材を乗せて温度が下がったのを察知すると、素早く火力を回復するため、ガス火のように火力を保ち続けるんだとか。

ちなみにちょっとプレートが小さいので、小さめなお好み焼きを2枚焼きました。

まさに鉄板で焼いているようなジュージュー感。短時間で表面はカリっと、フタをして中までふっくら焼けました。これは確かに、超火力ですね。

ちなみに、このホットプレートが我が家に来て、最初に焼いたのはステーキでした♪ちょいレアになっちゃったけど、安いお肉もごちそう級に焼けましたよ。ほかに何を焼いたらおいしいかな。たこ焼きプレートも付属しているので、いろいろ試してみます。

シェアよろしくお願いします
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次