ベーグルはヘルシオグリエで焼くと窯出しのおいしさになる!

今日はシャープの発表会に行ってきました。
テーマは、BAGLE&BAGLEのベーグルををシャープの「ヘルシオグリエ」で焼くと理想的なおいしさになる!という話。実際に試食もさせてもらいました。

こちらがシャープの「ヘルシオグリエ」。一般的なトースターとは、加熱方式が全く異なります

BAGLE&BAGLEはご存じ、ベーグル専門店。私も一時期ハマって、よく食べていました。もっちりした食感で、噛めば噛むほどほんのりした甘さと小麦の香りが広がって、すごく満足感が味わえるんですよね。あと、ベーグル食べるとなんかニューヨーカーっぽくてオシャレ♪という印象もありましたね(笑)

そんなベーグル、BAGLE&BAGLEではおうちで食べる前に焼くことをおすすめしているそうですが、一般的なトースターで焼くと水分が蒸発し、ベーグルの持ち味であるもっちり感が損なわれてしまうのが悩ましいところだそう。

一方のシャープのヘルシオグリエは、過熱水蒸気を使い、「水の力で焼く」トースター。
水は加熱すると100℃に達し、白い蒸気になりますが、さらに加熱し続けると無色透明の「過熱水蒸気」というものになります。これが非常に高温で、なんと250℃近くまで達するそう!近くにマッチを近づければ火がつくし、紙を近づければ焼けてしまうほどだそうです。

使う前にタンクに水をセットするのも、ふつうのトースターとは違うところ

この過熱水蒸気による加熱の特徴としては、まず食材を水で包み込み、内部に水分を与えてから、中心まで加熱してふっくらさせます。そして仕上げに表面の水分を蒸発させることで、中はしっとりもっちり、外はさっくりした焼き上がりになるそう。そしてこの性質がまさに、ベーグルの温め直しに理想的!ということで、シャープとコラボすることになったそうです。

具体的なコラボ内容として、まずはヘルシオグリエを使った新しいベーグルレシピの開発があります。

ヘルシオグリエは過熱水蒸気の性質として、温度帯の異なる食材を同時に加熱できる特徴があるため、こんな材料を同時に加熱して

こんなハンバーグベーグルサンドが作れるとか!レシピはウェブサイトで公開されます。

さらにBAGLE&BAGLE流山おおたかの森S.C店の店頭では、ヘルシオグリエの体験もできるほか、ホットクックで作ったオニオンスープも味わえるそう。

そのほか5月8日まで、ヘルシオグリエやベーグルが当たる「フォロー&リツイートキャンペーン」を開催中ですので、BAGLE&BAGLEのTwitterをチェックしてみてください♪

ヘルシオグリエで温めたBAGLE&BAGLEのベーグルとオニオンスープを試食しました。久しぶりのもっちり食感、おいしかった!
シェアよろしくお願いします
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次